クリアネオの悪い口コミに騙されるな!定期コースの解約は簡単にできるぞ

クリアネオの悪い口コミを見ていると…。

「定期便の解約が簡単にできなかった」

「定期コースの解約を申し入れたら、やたらと説得された」

「解約したいだけなのにマジでしつこかった」

というネガティブキャンペーンが山ほど出てきます。

 

それが多いだけならいいんですけど、問題なのは「別に説得されなかったけど」っていう意見も多いという部分です。消費者からしたら「どっちが本当なの?」って悩んでしまうんじゃないかと思います。

でも、定期コースの解約なんてメチャクチャ簡単なんですよ。今回は「クリアネオの定期便を解約するメチャクチャ簡単な方法」についてレクチャーしたいとおもいます。

解約できなかったという悪い口コミ

ここからは実際に「クリアネオを解約したかったけど、なかなか簡単に解約できなかった」という口コミをご紹介します。

引用元はクリアネオの口コミを徹底調査.comさんです。

クリアネオの解約方法|電話でのトラブル回避にメールでの解約がおすすめ

 

解約にまつわる悪い口コミ1

効果はまぁまぁだけど金額的な負担が大きいから2ヵ月で解約しました。 電話で解約の意思を伝えたところ、あれこれ言われて説得しに来たのがすごくストレスでした。 結構しつこかったので、意思が弱い人だとずるずる継続させられてしまうかも。注意してください。

私自身もソフト○ンクのスマホから格安スマホに乗り換えようとした時に、似たような思いをしました。

MNP番号でしたっけ?あれ出してもらえなくて、ショップのスタッフがとにかく転出させないようにって必死になってるんですけど、あれって逆効果だとおもうんですよね。

でもあれをやるってことは、仮にサービスを辞めていく9人にネガキャンされても、1人が思いとどまれば儲けものって考えから、そういうことをしているんじゃないかと思います。

 

解約にまつわる悪い口コミ2

返金してもらおうと思ったらあれこれ言われて返金してもらえず。 解約しようと思ったらそれはそれで厄介でした。 あれこれ言われたら相手にしようと思わず、ひたすら「解約します」と言い続けましょう。

こちらのユーザーさんは、最初返金しようと思ったけど返金してもらえなかったと書いてます。

確かに返金って、購入前のユーザーには「返金保証しますから1度お試しください」って言って、すごく敷居が低そうな感じでアピールしてくるんだけど、実際に使おうとすると結構な手間なんですよね。

手間にすることで悪いことをする人を減らそうっていう考えと、あとは「善良なユーザーに対しても手間をかけさせることで返金を面倒に思わせて泣き寝入りさせる」みたいな意味合いもありそうだと思いました。

 

解約にまつわる悪い口コミ3

公式ページには専門アドバイザーが電話に出るみたいなこと書いてたけど、電話の相手は新人?まさにド素人そのもの。 電話の途中で男性に代わられたし、解約すら受け付けられないようなオペレーターは専門アドバイザーを名乗る資格なし。高校生アルバイトだって解約を受け付けるくらいできるでしょ。

文面からも随分とご立腹な様子が伺えますね。

電話の途中で男性上司が出てくるとか…にわかに本当かどうか信じられませんが、こういう不満点を述べている口コミユーザーも決して少なくありません。

それにしても、こういう口コミを残す人ってよっぽど腹が立ってないとこんな文面残さないですから、多少の盛ってる・盛ってないはあるとしても、似たような経験はしたという考えで間違いないと思います。

 

メールで解約しちゃえばいいじゃない

みなさんはスマホお持ちですか?お持ちなら話は早いんですけど、もしガラケーをお使いだという人もパソコンは持ってるんじゃないかと思います。

実はクリアネオの場合、返金制度を利用するという場合は電話が必須なんですけど、単純に定期便を解約するだけならWEB上で解約を申し込むことができます。

これなら万が一「電話して男性上司に代わられる」ってこともないでしょう。

 

WEB上で申し込む際の注意点としては、やはり電話よりも時間的なロスは避けられないと思いますのでm余裕をもって申し込むことですね。

次回発送日の10日以上前に解約手続きを済ませておかないと、次回分が発送されてしまって、それのキャンセル料を取られたりってことも大いに考えられるので、十分に注意してください。

 

【解約はこちらから】
【クリアネオ(CLEANEO)】

まとめ

さすがに女性ユーザーが男性社員相手に面と向かった場合は恐怖を感じるかもしれませんが、電話なら大丈夫って人も多いと思います。

それでも精神的に疲弊するというか消耗するというか、まぁすんなりいかなければストレスになることは間違いないので、時間的に余裕を持った状態でWEBで解約を申請するのがベストではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です